個人民事再生のメリットを分かりやすく解説します

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 個人民事再生とは > 個人民事再生のメリット

個人民事再生のメリット

  • 返済すべき借金を大幅に減額できる
  • マイホームなどの高価な財産を手放さずに債務整理できる
  • 住宅ローンの連帯保証人に迷惑を掛けずに済む
  • 住宅ローンの返済計画を変更できる
  • 個人民事再生を申し立てると強制執行を止めることができる
  • 弁護士に個人民事再生手続きを依頼すると貸金業者による借金の取り立てが止まる
  • 弁護士に個人民事再生手続きを依頼すると月々の支払いも止まる
  • 個人民事再生は借金を作った理由は問われない
  • 個人民事再生は職を失わない

返済すべき借金を大幅に減額できる

任意整理などの債務整理を利用した場合、利息制限法に基づいて引き直し計算した元本の全額を返済する必要があるのに対して、個人民事再生を利用した場合は、引き直し計算後の元本を最大で1/10あるいは100万円まで圧縮できます。さらに、給与所得者等再生の制度を利用すると、貸金業者の承諾を得ることなく半ば強制的に借金を減額することが可能です。

マイホームなどの高価な財産を手放さずに債務整理できる

債務整理の手段として自己破産を選択すると、住宅などの高価な財産を手放さなければなりませんが、個人民事再生では、住宅などの財産を手放すことなく債務整理を行うことができます。

住宅ローンの連帯保証人に迷惑を掛けずに済む

今まで通りに住宅ローンを支払いつけることができるのであれば、ローンを支払っている最中の住宅を手放す必要がない為、住宅ローンの連帯保証人に請求が回ることもないので、連帯保証人に迷惑を掛けずに済みます。

住宅ローンの返済計画を変更できる

将来的に住宅ローンの支払いが困難になることが予想される場合は、再生計画案に住宅ローン条項を設定することで、住宅ローンの返済を延長あるいは減額して貰うことができます。

個人民事再生を申し立てると強制執行を止めることができる

個人民事再生では貸金業者が個別に債権を回収することは禁じられているため、個人民事再生の開始が決定された時点で、給料差し押さえなどの強制執行を止めることができます。また、住宅などを競売に掛けられている場合は、裁判所に対して「競売手続き中止」の申し立てを行うことで、競売の実行を止めることができます。

弁護士に個人民事再生手続きを依頼すると貸金業者による借金の取り立てが止まる

弁護士が個人民事再生を依頼を引き受けた通知が貸金業者に届いた後は、お金を借りた人に対して貸金業者が支払いの請求をすることは禁じられています。このため、弁護士に個人民事再生の手続きを依頼すると支払い督促の電話などが一切止まり、依頼者は精神的なプレッシャーを受けることなく、落ち着いて今後の対策を検討することができます。

弁護士に個人民事再生手続きを依頼すると月々の支払いも止まる

弁護士による個人民事再生の交渉が和解するまでは、貸金業者に対する毎月の支払いもストップされることになるので、和解が成立するまでの間にこれまでの生活を見直したり、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。

個人民事再生は借金を作った理由は問われない

自己破産等では、浪費やギャンブルなどで作った借金は裁判所の判断によって返済の義務を免除されない事があります。しかし、個人民事再生には免責不許可事由が設定されていないので、借金を作った理由は一切問われません。

個人民事再生は職を失わない

自己破産による債務整理では、破産申し立てから免責を受けるまでの資格制限により特定の資格を剥奪されるため職を失う場合もありますが、個人民事再生による債務整理には資格制限が設けられていないので、資格制限で職を失うことはありません。

民事再生に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、民事再生について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。ご相談は無料です。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)