任意整理について債務整理の専門家が分かりやすく解説します

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 任意整理とは

任意整理とは 〜安定収入がある方の債務整理〜

このような方は「任意整理」で借金を解決!

  • 貸金業者の督促を今すぐ止めたい
  • 貸金業者への支払いを一時的に止めたい
  • 自己破産することで職を失いたくない
  • マイホームを手放したくない
  • 自分が借金を抱えていることを家族に知られたくない
  • 借金の保証人に迷惑を掛けたくない
  • 浪費やギャンブルで作った借金を整理したい
  • 借金の整理で面倒な手続きをしたくない
  • 毎月の支払額を減らしたい

任意整理とは

任意整理は、これからの支払いに金利がかかりません。

任意整理とは、お金を借りた人と金融業者・クレジット会社の話し合いによって支払い条件を見直し、お互いの合意に基づいて借金を整理する方法です。

これまで支払ってきた利息制限法の上限金利を超えた分の利息を元本返済に組み入れたり、将来に渡っての利息をカットすることで、以後は減額された元本のみを返済すれば良いことになるので、何も対処せずにお金を返済し続けた場合よりも、月々に返済する金額を大幅に少なくすることができます。

任意整理で和解した後の支払い期間の目安は3年ですが、返済額を圧縮しても月々の支払いが困難な場合は、さらなる話し合いで支払期間を5年間まで延長することもできます。

弁護士が介入すると取り立てが止まる

借金の整理を考えるようになった時は、既に月々の返済が苦しくなっており、貸金業者から督促で精神的にプレッシャーを受けていると思います。しかし、弁護士が任意整理に介入した事の通知が貸金業者に届いた時点で、貸金業者からの督促は一切止まります。

これは、 金融庁の貸金業事務ガイドラインで、弁護士が任意整理に介入した時点でお金を借りた人に対して支払いの請求をすることを禁じているからで、この定めに反した貸金業者に対しては営業停止・懲役・罰金等の処罰を科すことが定められています。

このため、弁護士から通知が発行された後は精神的なプレッシャーを受けることもなく、落ち着いて今後の対応を決めていくことができます。
また、弁護士による任意整理の交渉が和解するまでは、毎月の支払いもストップされることになるので、和解が成立するまでの間にこれまでの生活を見直したり、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。

任意整理は保証人に迷惑を掛けない債務整理が可能

自己破産や民事再生では、借金の全てが債務整理の対象となってしまいます。

しかし、任意整理では債務整理する借金を自由に選ぶことができます。
このため、保証人が設定されている借金を整理の対象から外して以後もこれまで通り返済し続ける事で、
保証人に迷惑をかけずに債務整理を行うことも可能です。

個人による任意整理は貸金業者の思うつぼ注意

任意整理は、裁判所を通さない話し合いによって行われるので、お金を借りた本人や家族の方が貸金業者・クレジット会社と直接交渉することも可能です。

しかし、交渉には法的な知識が必要であること、督促や交渉のプロを相手にして渡り合うこと、貸金業者は本人や家族に対しては非協力的かつ強硬な態度で臨んでくることなどから、
個人による任意整理は相手にとって有利な条件で和解させられる事例が多いのが現状です。

さらに任意整理を行うような場合、大抵は複数の会社からお金を借りていることが多く、任意整理の経験がない個人が複数の会社と交渉するのは、大変な労力と時間を要します。これらのことを考えると、任意整理の手続きは弁護士などの法律の専門家に任せるのが無難と言えるでしょう。

任意整理に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、任意整理について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)