債権者から見た自己破産について

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 自己破産とは > 債権者から見た自己破産

債権者から見た自己破産

消費者金融などの債権者にとって、債務者が自己破産することは大きな損害であることは言うまでもありません。しかし、返済能力もないにもかかわらず、自己破産などの法的手続も取らない、このような状態が債権者にとって一番困る状態であることも事実です。

なぜなら、債務者が自己破産などの債務整理を行うことにより、債権者は税務上の損金処理が可能になります。返済できない債務者に対し、いつまでも取立てを続けるよりは、損金処理により処理してしまいたいと思うのが通常なのです。

ですから、 ある一定水準を越えて返済不能となった債務については、自己破産のような法的な手続に乗せて処理する必要があるのです。

だからこそ、法律でそのような手続が定められているのです。近代的な法制度を有する国では、破産制度は当然の存在であり、それを利用すべきときがあると言えるのです。

自己破産に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、自己破産について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)