法律扶助制度は、訴訟や弁護士費用を払う余裕がない方のための制度です。

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 自己破産とは > 法律扶助制度について

法律扶助制度について 〜訴訟や弁護士費用を払う余裕がない方のための制度〜

自己破産の手続費用を捻出することが困難な生活状況の場合、財団法人法律扶助協会が運用している法律扶助制度の利用を検討してみるとよいでしょう。

法律扶助を利用するためには資力等を満たす必要がありますが、特に破産の場合は、他の手続を利用する場合よりも厳格な資力要件が定めらています。

自己破産手続の要件

  • 生活保護受給者
  • 生活保護に準ずる者

しかし、「生活保護に準ずる」という要件を比較的緩やかに適用していますので、法律扶助協会各支部にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

援助決定を得ると、破産の場合、原則として援助決定を得た段階で一定額を法律扶助協会へ支払えば、後は月々5000円〜1万円程度の分割払いとなります。

自己破産に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、自己破産について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)