特定調停のメリットを債務整理の専門家が分かりやすく解説します

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 特定調停とは > 特定調停のメリット

特定調停のメリット

  • 特定調停は費用が安い
  • 特定調停の申立が受け付けられると貸金業者による借金の取り立てが止まる
  • 特定調停の申立が受け付けられると月々の支払いも止まる
  • 特定調停は借金の支払総額を減らす
  • 特定調停は借金を整理したことが周囲の人間に知られにくい
  • 特定調停では借金の理由は問われない
  • 特定調停は職を失わない
  • 特定調停は保証人に迷惑を掛けない

特定調停は費用が安い

弁護士を依頼せずに裁判所の力を借りて債務整理を行うので、他の債務整理では必要となる弁護士費用がかからず、安価な費用で債務整理を行うことができます。

特定調停の申立が受け付けられると貸金業者による借金の取り立てが止まる

簡易裁判所に特定調停を申し立てると、裁判所から事件番号が記載された申立書控えが発行されます。この控えのコピーを各貸金業者に送付すれば、控えが貸金業者の手元に届いた時点で取立ては停止できます。

特定調停の申立が受け付けられると月々の支払いも止まる

簡易裁判所に特定調停を申し立てると、裁判所から事件番号が記載された申立書控えが発行されます。この控えのコピーを各貸金業者に送付すれば、控えが貸金業者の手元に届いてから特定調停の交渉が終了するまで、貸金業者に対する毎月の支払いもストップされます。このため、特定調停の和解が成立するまでの間にこれまでの生活を見直したり、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。

特定調停は借金の支払総額を減らす

貸金業者に対してこれまで支払ってきた利息制限法の上限金利を上回る分の利息を、既に返済したお金として計算し直すことで借金の残高を圧縮し、最終的な支払総額を大幅に減らせる場合があります。

特定調停は借金を整理したことが周囲の人間に知られにくい

特定調停は、自己破産や民事再生のように借金を整理したことが官報に掲載されることはないので、自分が借金を整理したことを周囲の人間に知られずに済みます。

特定調停では借金の理由は問われない

自己破産では、浪費やギャンブルなどで作った借金は裁判所の判断によって返済の義務を免除されない事があります。しかし、特定調停には免責不許可事由が設定されていないので、借金を作った理由は一切問われません。

特定調停は職を失わない

自己破産による債務整理では、破産申し立てから免責を受けるまでの資格制限により特定の資格を剥奪されるため職を失う場合もありますが、特定調停による債務整理には資格制限が設けられていないので、資格制限で職を失うことはありません。

特定調停は保証人に迷惑を掛けない

特定調停は債務整理の対象とする借金を選ぶことができるので、友人・家族・知人が連帯保証人として設定されている借金を債務整理の対象から外してこれまで通り返済を行えば、保証人に迷惑を掛けることなく借金を整理することができます。

特定調停に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、特定調停について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)