特定調停について債務整理の専門家が分かりやすく解説します

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 特定調停とは

特定調停とは

このような方は、特定調停で借金を解決!

  • 継続した収入の見込みがある
  • 調停で減額した借金を3年で返済できる
  • とにかく安く債務整理したい
  • 過払い金は返ってこなくても良い
  • マイホームを手放したくない
  • 借金の保証人に迷惑を掛けたくない
  • 浪費やギャンブルで作った借金を整理したい
  • 調停後の支払いを絶対に延滞させない自信がある
  • 貸金業者からの取立て停止に時間がかかっても良い

特定調停とは

特定調停とは裁判所を利用した任意整理

特定調停とは、簡単に言うと「簡易裁判所を利用して行う任意整理」です。

任意整理は裁判所を介さずに弁護士と貸金業者が交渉を行いますが、特定調停は簡易裁判所の調停委員が貸金業者と交渉を行います。

特定調停は、費用が安く済む

弁護士に代わって裁判所が交渉を行うため、債務整理にかかる費用が安く済み、弁護士に債務整理を依頼するだけのお金がなく債務整理に関する専門的な知識がない人でも、継続的な収入が見込め、特定調停で引き直した借金を3年程度で返済できる目処が立つので有れば、裁判所の力を借りて債務を整理することができます。

特定調停は任意整理と同じように、これまで支払ってきた利息制限法の上限金利を超えた分の利息を元本返済に組み入れ、以後は減額された元本のみを返済すれば良いことになるので、何も対処せずにお金を返済し続けた場合よりも、月々に返済する金額を少なくすることができます。

特定調停は、任意整理に比べ比較的不利な調停内容になりやすい

特定調停に対しては非協力的な対応をとる貸金業者債権者もおり調停が難航することや、各地の裁判所毎に調停の基準が異なり、裁判所によっては任意整理ではカットできる「特定調停成立までの遅延損害金」や「特定調停成立後の利息」を支払わなければならない場合があります。

さらに、特定調停で貸金業者と交渉を行う調停委員が、日々専門的に債務整理を行っているわけではないことから特定調停を担当する調停委員によっては、「利息制限法の上限利息を超えた利息の引き直しを行わない調停」が成立してしまうこともあります。

このようなことから、特定調停を債務整理の方法として選択する場合は、予め注意が必要です。

特定調停に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、特定調停について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)