民民事再生(個人再生)するデメリットは?

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 債務整理のよくあるご質問

民事再生についてよくあるご質問

民事再生(個人再生)するデメリットは?

手続きに時間が掛かる

民事再生は他の債務整理と比べて、非常に時間を要する債務整理の方法です。裁判所へ民事再生の申し立てを行なってから手続きが完了するまでに、おおよそ半年程度掛かりますが、手続き中も返済は止まるので、安心です。

個人信用情報機関に登録される

俗に言われるブラックリスト(信用情報機関への登録)に登録されてしまうため、5年〜7年の間は借金やクレジットカードを使った買い物などができません。但し銀行が発行しているデビットカード(VISAやマスターが付いているもの)は作れますので、カード決済が必要な場合はデビットカードの利用が便利です。

必要な条件が厳しい

民事再生を行なうには必要な条件があり、それらを満たしていないと制度を利用することはできません。代表的な条件として毎月の継続的な収入があることが挙げられます。

連帯保証人に迷惑が掛かってしまう

貸金業者から保証人に対して一括返済を請求されることになりますので、手続きを行なう前に保証人へはきちんとした説明をする事が必要になります。場合によっては保証人も債務整理をする必要がでてきます。

官報へ掲載されてしまう

政府発行の官報と言う媒体へ氏名や住所が記載されてしまいますが、定期購読をしている人は少ないので、そこまで気にする必要はなさそうです。

民事再生に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、民事再生について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。ご相談は無料です。メール相談は夜間・土日も対応しております。

その他民事再生について良くある質問

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)