民事再生(個人再生)すると保証人に迷惑が掛かりますか?

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 債務整理のよくあるご質問

民事再生についてよくあるご質問

民事再生(個人再生)すると保証人に迷惑が掛かりますか?

民事再生を行なった場合は特定調停や任意整理などとは異なり、保証人がついている債務を含めた全ての債務に関して申し立てを行なうことになります。この為、民事再生の申し立てにより開始決定を受けても保証人の責任は免れません。 債権者は債務者からの返済が出来なくなった事を受けて保証人に対し督促を行ないます。

但し、住宅ローンに関しては住宅ローン特則を利用すれば住宅ローンの保証人へは請求がいきません。この特則が認可されると住宅ローンが債務整理から外されるからです。

債務者が民事再生を行い、保証人へ請求が来た場合、返済ができれば問題ないのですが、金額が多過ぎて返済困難な場合には保証人も債務整理を行なう必要があります。

また、他の手段としては保証人に一括請求が来た時点で金融機関と支払い方法に関して交渉の余地はあります。債務者が再生計画通りに完済した後は、借金がなくなりますので、保証人が求償権行使して返済を求めることができます。

民事再生に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、民事再生について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。ご相談は無料です。メール相談は夜間・土日も対応しております。

その他民事再生について良くある質問

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)