任意整理のデメリットは何ですか?

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 債務整理のよくあるご質問

任意整理についてよくあるご質問

任意整理のデメリットは何ですか?

任意整理を行うことによるデメリットとしては、概ね次のようなものが挙げられます。

  • 数年の間はローンを組んだりクレジットでの買い物ができない
  • 任意整理を行なっても和解に達しない場合もある
  • 月々の返済額が変わらない場合がある
  • 弁護士費用が掛かります

数年の間はローンを組んだりクレジットでの買い物ができない

信用情報機関に名前や住所などが登録されてしまいます。この信用情報機関に登録されると5年から7年の間は新たな借入れやクレジットカードの発行、所有しているクレジットカードでの買い物などができません。

ネット決済などで、どうしてもクレジットカードが必要な場合は銀行が発行しているVISAデビットカードは預金内であれば決済を行なうことができ、任意整理をしていても発行してもらえるので、どうしてもクレジットカードが必要な場合には発行してもらうと良いでしょう。

任意整理を行なっても和解に達しない場合もある

貸金業者の中には強硬な業者もあり、和解に達しないことが稀にあります。

この様な場合は弁護士が責任をもって策をご提案させて頂きますので、ご安心下さい。 一般的な貸金業者であれば和解に応じる業者が殆どですので、大きな心配は無用です。

月々の返済額が変わらない場合がある

民事再生と異なり借金が強制的に免除されるものではなく、話し合いにより、法定利息に基づいた引き直し計算によって借金の総額を減らすので、返済総額が変わらない可能性もあります。

減額率は事前に算出することができるので、ご心配な場合は、事前にご相談下さい。

弁護士費用が掛かります

任意整理は、弁護士や司法書士に頼まなくても債務者本人やその家族が貸金業者と直接話し合いを行なうことも可能です。

ただし、交渉する貸金業者の中には非協力的であったり、強硬な業者も少なくない為、貸金業者に有利な条件での和解をさせられる事が多いのも事実です。このようなことから任意整理は弁護士に依頼するのが一般的であり、そのための費用が必要となります。

なお、任意整理に必要な費用は、任意整理の返済期間中に分割で支払う場合が殆どなので、現在手持ちのお金が無くても心配する必要はありません。

任意整理に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、任意整理について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。ご相談は無料です。メール相談は夜間・土日も対応しております。

その他任意整理について良くある質問

民事再生について良くある質問

自己破産について良くある質問

特定調停について良くある質問

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)