特定調停の申し立てで、ブラックリストに載ると聞いたのですが?

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 債務整理のよくあるご質問

特定調停についてよくあるご質問

特定調停の申し立てで、ブラックリストに載ると聞いたのですが?

特定調停を行なうと信用情報機関に登録されることになりますが、借金を無理なく完済するために利息や毎月の支払いを調整するものです。自己破産のように債務を免れるものとは違いますので、信用情報機関に記録されるものの、それ以外の法的制限はありません。

信用情報機関は銀行、信販、消費者金融に存在しますが、これらの機関に記録される情報は5年から7年で削除されます

この情報が信用情報機関から削除されるまでは、新しいローンやクレジットを組むことを制限されますが、銀行などが発行しているデビットカードなどは発行が可能なので、VISAやマスターなどのクレジットカードを利用したい場合はデビットカードを活用することをお薦めいたします。

また、信用情報機関に登録されることを俗に「ブラックリスト」と呼ぶようですが、実際にはブラックリストと言うものは存在しません。

その他特定調停について良くある質問

特定調停に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、特定調停について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。ご相談は無料です。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)