特定調停で保証人に迷惑を掛けたくありません。

債務整理の専門弁護士 桜田通り法律事務所

債務整理TOP > 債務整理のよくあるご質問

特定調停についてよくあるご質問

特定調停で保証人に迷惑を掛けたくありません。

債権者は保証人に対して借金の返済を請求することになりますので、保証人がいる場合には事前に保証人への説明が必要です。

但し特定調停は、一部の債務を除いた状態で申し立てができるので、保証人に迷惑を掛けたくないとお考えであれば、その借金は特定調停から外して今まで通り毎月の返済を行なえば、保証人には迷惑が掛かりません。

その他特定調停について良くある質問

特定調停に関して、いつでも無料でご相談を承っております。

もし、特定調停について、判らない点・ 不安な点などがあれば、下記のフリーダイヤルにお気軽にお電話ください。ご相談は無料です。メール相談は夜間・土日も対応しております。

このページの先頭へ戻る

桜田通り法律事務所

東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル6階地図
Tel:0120-35-0501 Fax:03-3500-0455
代表弁護士:緒方 道夫(弁護士登録番号:21187号)